python3.6.2のインストール

python3.6.2のインストール

どうやら最初に書いた方法では、pipが使えなくなるようだ。


おソースを取ってきてmakeしてインストールする。 ‘python'のシンボリックリンクを更新して完了。

# インストール
sudo wget  https://www.python.org/ftp/python/3.6.2/Python-3.6.2.tar.xz
xz -dc xxx.tar.xz | tar xfv -
./configure # defaultでは/usr/local/binに入る
make
sudo make install

# 後日pipが入っていなくて困った。
# 同じディレクトリで下のようにやる。
sudo apt-get install libssl-dev
sudo make install

# おまけ
python -m pip -V # pipが入っているか確認
python -m pip freeze # 入っているパッケージの確認

シェルスクリプトをpythonで書くときに役立ちそうな記事

Shebang

  • シバンは環境にあわせて
  • マジックコメントは、文字エンコードを指定する。あとあと困りたくないならutf-8にしておく。
#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

print("Hello World!")

ファイル関連

# 存在確認
os.path.isfile(path)

# ファイル名を取得
os.path.basename(path)

# ファイルコピー
shutil.copyfile(src, dst, *, follow_symlinks=True)

# ファイル削除
os.remove(path)

# write file
f = open(filename, 'w') # 追記は'a'
f.write(text)
f.close()

# read file
f = open(filename, 'r')
text = f.read()
f.close()
print(text)

ディレクトリ関連

# ディレクトリ作成
os.mkdir(path)

# 存在確認
os.path.isdir(path)

# パス名を取得
os.path.dirname(path)

# ディレクトリコピー(上書きはエラー)
shutil.copytree(src, dst)

# ディレクトリコピー
from distutils.dir_util import copy_tree
copy_tree(src, dst)

# ディレクトリ削除(ファイルがあるとエラー)
os.rmdir(path)

# ディレクトリ削除(ファイルがあってもOK)
shutil.rmtree(path)

# カレントディレクトリを取得
os.getcwd()

リンク関連

# シンボリックリンク作成
os.symlink(src, dst)

# 存在確認
os.path.islink(path)

その他

# パスの存在確認
os.path.exists(path)

bashrcに加えた変更をまとめる記事

またイチから作り直し。。。という状況になっても困らないために。 随時追加する。

プロンプトの変更

export PS1="\[\e[1;32m\] [\u@\h: \w]$ \[\e[00m\]"

.bashrcの最後に加える。本当は別ファイルを用意してsourceしたかったのですが、コマンドを打つと行頭から入力されてプロンプトを上書きするようになってしまうようなのでそのようにする。

alias

alias ll='ls -ltr'

‘='の前後にスペースがあるとエラーとなる。PEP8とは違う。

ラズパイにインストールしたツールをまとめる記事

導入したツールの一覧記事を作っておきます。随時更新します。


  • 導入前の儀式
sudo apt-get update
  • terminator
sudo apt-get install terminator

Xmingを通したssh接続でterminalを複数使いたいため入れた。

  • fcitx-mozc
sudo apt-get install fcitx-mozc -y
im-config -n fcitx
reboot

日本語環境です。

sudo apt-get install firefox-esr

winからラズパイへのssh接続失敗

しばらく時間が空いてしまい、ラズパイの状態がどんなだったかも忘れかけていて、さらに悪いことにはwinマシンからssh接続できなくなってしまいました。

さくっと解決しようと思っていたら、ハマってしまいこんな時間です。 本業に響くといけませんから、本日はメモだけ残して終わります。


後日改めて試してみたらすんなり繋がりました。
「何がマズかったのかわからないけど動きました!」

さすがに仕事では言えませんが、お遊びなので軽く考えることにしましょう。

windowsからラズパイにssh接続してアレコレする環境を作る

今回は、windowsからssh接続でラズパイを操作するための作業記録です。

ラズパイの処理能力ではアレコレするのにモッサリ感が否めません。 もともとゴリゴリ処理させる目的のものではないので仕方ないのですが。。。

我が家ではアレコレするために使える環境はwindowsマシン1台とモニタ1つしかありません。 課金で解決する方法もありますが、アリザイでなんとかします。

具体的にはwindowsマシンからssh接続して、

という風に分業させようと思います。


Windows側の準備

  • Tera Termのインストール Tera Term Project Top Page - OSDN

  • X-mingのインストール X window forwardingで窓を飛ばすのに使用

  • (Option) atom + remote-FTP
    ドキュメントをwindows側から編集できるけど、使い勝手がイマイチ悪い。。。atomだけで完結できないか模索中
    とりあえずremote-FTPの設定は下記のようにすればつながる。 なぜかdefaultの.ftpconfigを編集して接続を試みてもうまくいかなかった。いらなさそうなものを削って繋がったのが下記。

{
    "protocol": "sftp",
    "host": "<IP Address>",
    "port": デフォルトは22(ダブルコーテーション不要),
    "user": "<User Name>",
    "pass": "<Password>",
    "remote": "/",
    "connTimeout": 10000,
    "pasvTimeout": 10000,
    "keepalive": 10000,
    "watch": [],
    "watchTimeout": 500
}

ラズパイ側の準備

  • sshオプション設定

    • sudo raspi-config

      5 Interfacing Options > P2 SSH > YES

  • 固定IPを設定する /etc/dhcpcd.conf を変更する

interface wlan0
static ip_address=192.168.N.M/L
static routers=192.168.N.1
static domain_name_servers=192.168.N.1
//なんでこうするかはよく知らない
  • X11-appsのインストール 接続テストにxeyesを使いたいため
sudo apt-get install X11-apps

疎通確認

  • X-mingでXserverを起動しておく
  • Tera Termで新しい接続を開始 →プロンプトが表示されたらssh接続は成功
  • xeyesで目玉が飛んできたらwindow forwardingまで成功

Raspberry Pi 3 Model B 日本語環境設定

今回は、Raspberry Pi 3 Model Bで日本語を入力できるようにします。

日本語環境 fcitx-mozcをインストー

  • とりあえずアップデート
sudo apt-get update
sudo apt-get install fcitx-mozc -y
//yで後の[Y/n]確認を先にしておく
  • 入力メソッドを設定
im-config -n fcitx  
  • 再起動
reboot

一通りの操作が済んだら、右上に「キーボード」または「あ」のアイコンが追加されているはず。